KAN×TAM、聖地広島にて大健闘!!!

広島での熱い全国大会が終了、最終結果をご報告いたします。

サービス・アドバイザー競技に出場した塚原 寛は優勝


そしてサービス・エンジニア競技に出場した田村恭一は…健闘するも入賞には届きませんでした。

 

塚原はもちろん、田村も寸暇を惜しんで故障事例を学び繰り返し繰り返し実践学習していました。
日頃は寡黙な田村ですが、大会間近の朝礼で
「目標があるから頑張ることができる」と力強く話してくれた姿は記憶に新しいものです。

会場での結果が発表されたモニターを写した動画を見てスタッフたちは驚愕。

そして塚原が全国一位になったことを改めて確認し、思わず躰が打ち震えてしまうほどの嬉しさがこみ上げてきました。

表彰式でトロフィーを手にした塚原の顔は達成感に輝いていました。

そして入賞を逃した田村も表彰式終了後の懇親会で、清々しい笑顔を見せていました。

すべての力を出しきり、限界まで挑戦したからこその充実した笑顔でした。

塚原さん、優勝おめでとう!
「必ず、頂点に立つ!」と宣言、有言実行したその姿に私たちは勇気づけられました。
そして…田村さん、おつかれさまでした!
ストイックに、かつ確実に歩みを進めていく姿勢を、私たちはいつでも尊敬しています。

広島から帰社したふたりの言葉が印象的でした。

田村が「寛くんがいたからこそ、ここまで頑張ることができた。

だから寛くんがステージに立っているのを見たとき、本当に心の底から嬉しかったんです」と話せば

それを聞いた塚原は何度も頷きながら

「今だから言いますけど…優勝できて嘘つきにならなかったことにいちばん安心しました」と話し、スタッフたちも大笑い。

このふたりだからこそ、全国大会に挑戦し結果を残すことができたのだと改めて実感できたワンシーンでした。

広島に同行し、競技を見学してきた渡辺の言葉がすべてを集約しています。

「恭一さんや寛さんといっしょに働けることが幸せだなって思いました」