CX-5

CX-5 / 白澤太陽


マイファーストマツダカーであるプレマシーは、当時の僕にとってはなかなか背伸びをした買いものでした。
でも車を買うって、そんなドキドキやわくわくした気持ちがあってこそだと思うんです。
だからこそおすすめしたい車はCX-5。
精悍なイメージのなかにもきらりとひかるシックな印象が、僕にとってはたまらない魅力です。
細めのテールレンズなんて、もはやセクシーにすら思えてしまうくらいです。

嬉しいことにSUV 車と言えば、マツダのCX-5 とイメージされる方々が増えている。これはデザインはもちろん優れた性能を評価してくださる方がたくさんいらっしゃるのだと思います。
確かにレーダークルーズコントロールはいい。
人の暮らしに寄り添い、サポートするコンテンツはドライバーのみならず、同乗される方々にも安心感を与えるものです。特に追随機能は高速道路だけではなく、市街地での走行にも対応しているので、ある意味より人間らしいサポートが期待できるものになっています。

この車に乗ることで得られるものは深い満足感と、誇り。
運転していても胸をはれる車であることは心の豊かさにつながり、自身の暮らしをも豊かにしていくものなのだと改めて実感しました。

こう見えて僕、寺社巡りが大好きなんです。
だからCX-5 でドライブに出掛けるならば、やっぱり行先は京都や奈良。お寺や神社をゆっくり廻って御朱印をいただく旅も悪くないですね。
気の向くままに、広島の厳島神社くらいまで走ってみるのもおもしろそうです(笑)