DEMIO

DEMIO

デミオ 13S Td-Brown ソウルレッドクリスタルメタリック / 西川朱里 様


デミオを選んだ自分の眼に間違いなし!

ロードスターとCX-5 を乗りこなすマツダ車オーナーたちが身近にいたこともあって、以前からマツダの車は格好いいと思っていました。
いざ購入!となりどの車にするかとなった時、正直どの車も顔つきがいいとおおいに迷いました。
けれどじっくり見ているうちに「デミオしかない!」と心が決まったのです。
というのもマイ・ファースト・カーは自分自身のライフデザインと一致したものを…と思っていたので、小回りもきいて安全性も充実しているデミオはまさにうってつけの一台でした。
しかもコストの面でも、今の自分にぴったりだったので小回り・安全性・コスト、3 つのよし!が購入を決断する大きな後押しになったと思います。
実際乗ってみて感じるのはスマート・シティ・ブレーキ・サポートやリア・パーキングセンサーなどの装備が、駐車が少々苦手な私にとってかなり役立っている、ということですね。
運転をサポートしてくれる備えがあることが、自分自身の運転への自信にもつながっていると思います。
実家が東京都内にあるので帰省時、高速道路走行も快適に過ごすことができるので嬉しいです。
デミオは自分がリフレッシュできる最高の相棒

デミオが相棒になってから出掛けたところは、美ヶ原です。
とにかく見晴らしがよく、景色がきれいなところに行きたい!と思って行きました。
今、いちばん楽しみにしていることは、フィアンセといっしょにデミオに乗って横浜ベイスターズの試合を観にいくことです。
昔から熱烈なベイスターズファンの私のために、彼がチケットを準備してくれたのです。
試合もさることながら、名古屋までのドライブもとても楽しみにしています。
最近デミオに乗っていると運転しているだけで楽しくてしかたないんです(笑)。
特に大好きなクリープハイプの曲を聴きながらの運転する時間は、本当にごきげんです。
「車の中」という空間が、特別仕様のスタジオになったように思えるほどです。
帰宅中も、自宅近くのところでお気に入りの曲が流れてきたら、それを全部聴きたいがためにわざわざ遠回りをして帰って
しまうことがあるんです。
「車に乗りたいから、乗る」そんな時間を大切にしたいと思っています。

 

走りよし、デザインよし!の優れもの

職場でも同僚の方々が乗っている車を見ますが、いろいろな赤い車があるけれど…「わたしの赤いデミオが一番きれい!」と内心思っています(笑)。
シートの座り心地も自分にぴったりでとにかく疲れないことも、かなり気に入っていますね。
安全装備がいいので、信頼できる相棒なんです。
あとマツダ車ならではの自慢ポイントはアクティブ・ドライビング・ディスプレイですね!
視線を大きくずらすことなく、走行中のデータを瞬時に確認できることは本当に助かっています。
フィアンセはCX-5 オーナーなのですが、彼はデミオのミラーがオート収納できることをいつも羨ましがっています。
小さなことですが、そんなところも自慢の相棒のチャーミングポイントなんです。

画像:上段 西川様所有DEMIO 13S / 下段左寄り西川朱里様、名古屋ドームイメージ、アクティブ・ドライビング・ディスプレイイメージ